住環境学科|国立大学法人 奈良女子大学 生活環境学部|藤田 盟児

Residential Architecture and Environmental Science

キャンパスマップ

藤田 盟児教授

都市建築史・建築芸術学分野

専門分野  都市建築史・建築芸術学分野
略歴 1984.03 東京大学工学部建築学科卒業
1991.12 東京大学大学院博士課程修了
1992.01 奈良文化財研究所 研究員
1996.09 名古屋造形芸術大学 助教授
2003.04 広島国際大学 教授
担当科目
学部
建築・住居史(1回生)、建築・住宅論・設計演習Ⅱ(2回生)、測量学実習・設計演習Ⅲ(3回生)
担当科目
大学院
住環境史論、歴史遺産保存活用演習
学位 博士(工学)
所属学会 日本建築学会、建築史学会
教育・研究についてのアピール
過去の建築や町並みの形態を調査研究し、その価値や意味を考察し、現代社会に役立つ提案をします。人々の営みから生まれた建築や町は、人が本当に必要としているものを反映しています。デザインと芸術性の両面からそれらを明らかにすることで、将来の建築や都市デザインを考える研究を行います。
最近の代表的な研究活動
単著「中世住宅の空間構成の変遷」『中世庭園の研究』奈良文化財研究所学報第96冊、研究論集18、奈良文化財研究所、2016
単著「民家編年と測定年代 -宮島・鞆の浦の町家-」『築何年?』吉川弘文館、2015
単著「遊びと座敷 -書院造の誕生」『日本美術全集第9巻 水墨画とやまと絵』小学館、2014
単著「空間芸術としての寝殿造 -平安貴族の生活空間」『日本美術全集第5巻 王朝絵巻と貴族のいとなみ』小学館、2014
単著「鎌倉前半期における上層武家住宅の実態と変遷過程」『建築史学』53号、2009
単著「「奥」--時空間構造からの一考察--」『都市のあこがれ』鹿島出版会、2009