住環境学科|国立大学法人 奈良女子大学 生活環境学部|第11回 平成24年度(2012年)卒業研究

Residential Architecture and Environmental Science

キャンパスマップ

第11回 平成24年度(2012年)卒業研究

第生会賞*卒業設計賞:大石茉由佳
萃点を灯す-春日奥山から未来への文化継承の地

卒業設計「萃点を灯す-春日奥山から未来への文化継承の地」この作品は、奈良の春日奥山において行われてきた檜皮の生産過程を広く社会にむけて発信し、人と自然の関係にかかわる日本の伝統的な価値観を再評価するための場を再生すること目的とした提案である。


第生会賞*卒業論文賞:西垣綾乃
くつろぎ空間演出の照明要件に関する研究

「くつろぎ」は居住空間だけでなく、公共空間、商業空間などあらゆる場に求められます。照明器具の設置方法や、光量などの主要な照明要素とくつろぎの満足度との関係を実験から明らかにし、照明設計のためのくつろぎ空間演出効果の予測式を提案しています。


第生会賞*卒業論文賞:濱川真衣
大規模災害が発生した中山間地域における集落再建のあり方に関する研究

奈良県南部の山間部は、2011年の台風12号で大きな被害を受けました。平坦な地域がほとんど無い山間部で、どのような復興が望ましいのか、どうすれば安全に暮らせるのかを、復興に関わりながら、村民と共に考え、卒業研究としてまとめたものです。


卒業論文:
アートイベントにおける伝統的建築物の空間利用に関する研究
-奈良町家の芸術祭 Hanarart 2012 の調査から-

卒業論文「アートイベントにおける伝統的建築物の空間利用に関する研究」奈良県で行われた芸術祭の企画・運営に関わりながら、アート作家さんたちが古い建物の魅力をどのように評価し、どのように演出・活用しているかを調査し、古い建物の保存・活用の新しい可能性・方向性を検討しました。


卒業論文:
低照度下における暑熱及び交通騒音条件が青年女性に及ぼす複合影響

寒いけれど静かな環境と暖かいけれどうるさい環境、どちらがどの程度快適なのでしょうか?このような複数の環境要因に被験者を曝した実験を行い、騒音レベルと室温から快適度を予測できる図を提案しました。